専門家向けの副業支援サービスとは?

『あるある!?』副業の痛い失敗談アンケート5選|失敗から学ぶ副業の成功法

今回は、クラウドワークスで募集した「副業の痛い失敗談」を紹介し、そこから副業で失敗しない方法を考えていきます。

 

副業の痛い失敗談5選

1:FXの自動売買であっという間に資金が溶けた…

FXでの稼ぎ方の中には為替差益の他にも、利益率は為替差益よりは低いがスワップによる儲けも期待できます。

為替差益を得るために短いスパンでの売り買いを行っていたが、10年ほど前あまり自動売買がなかったころ、その手間が面倒で何とか放ったらかしで稼げないかと欲が出てスワップに注目しました。

スワップ買で利益が得られる通貨ペアとスワップ売で益が得られる通貨ペアの中から過去の為替変化が同じようなものを選び、それぞれを購入/売却して、為替差損益は相殺され、スワップ益のみを享受できる想定でスタートした。

ところが現実そうはうまくいかず、片方の為替が想定と逆に動いてしまう結果になり、あっという間に資金が底をつく結果になってしまった。

以降は初心に立ち返って経済指標などから為替の変化を予測する以前のスタイルで継続し、その時の損失分は取り戻すことができている。

また、その時のトラウマで放ったらかし売買には抵抗があるので、今は自動売買は行っていません。

 

2:工場での副業は結局何のスキルも身につかなった…

副業で始めた工場でのアルバイトと試験監督の仕事は、あまり稼ぎが良くなかったことと必要なスキルが身に付く訳ではないと考えられたので失敗したと思いました。

何度かアルバイトをしているうちに、人生の貴重な時間を費やして割に合う金額を得ていないと考えるように…

本業が休みの間にアルバイトをしてしまうと、結局疲れが溜まってしまい体にも良くないと思うようになり、結果的に将来的に役立つスキルは身に付かないことと時間の切り売りでしたので時間を無駄にしたと思い後悔しました。

2021年は、労働型のアルバイトではなく、投資など自分が働かないで収入源を得ていく方向で考え直そうと思います。

 

3:「誰でもできる作業」という言葉に乗せられて…

コロナ禍で在宅が多くなり、経済的に収入が不安定になってきたことで、

少しでも補填しようと、休日(土曜日)限定で倉庫内軽作業のアルバイトに応募したのですが、応募者が多くなかなか仕事が得られない状況でした。

ある日、前日金曜日の夕方になって「キャンセルが出たので空いているか?」との連絡があり、空いていたので軽い気持ちでOKサインを出して就業する事にしました。

いざ、現場に行ってみると誰にでも出来る軽作業は軽作業なのですが、素早く作業をしなければなりませんでした。

手先が器用でないとアウト。

しかも、土曜日に初めて入ったので、周りは平日から継続して仕事している人ばかり。完全に足を引っ張ってしまい、もう昼休みの段階でヘトヘト、午後は完全に別作業で雑用でした。

周りに合わせる顔も無い状態で「もう、この現場は今日限り」と割り切って開き直るしかない、という感情しか湧きませんでした。

完全にトラウマで、募集要項に「誰でもできる作業」と書いてあっても、ちょっと引いてしまいます。

 

4:クラウドワークスで割りに合わない仕事をして

時間ができ始めたので、クラウドワークスにて副業をしてみようと思いました。

初めは「簡単なものから…」と思い、5分でできる簡単タスク形式のお仕事を探した結果、デザイン講座を5日間受け、その感想を毎日提出すると30円というお仕事がありました。

報酬が少ないのは、初めなので仕方ない、そう思いましたが、むしろ「デザインのセンスが身に付けば」と納得してはじめました。

しかし、実際の業務は、毎日特定のサイトにアクセスして、膨大な講座とは呼べない

「なぜ、今この講座を紹介するか〜」「なぜ、私が稼げるようになった背景は〜」

といった内容のデザインに関するノウハウは一切ない話を読み、いかに稼ぎたいか感想を書くと言ったものでした。

5日間膨大な量の感想を提出した後、実際のデザイン講座を受けるなら、◯十万の所、今なら◯万円!と講座の宣伝が始まり、がっくり。

稼ぎたいのにそんな高い講座始める気はなく、かけた時間が5日間と長かっただけに、失敗したなぁと思いました。

今後は、対価に見合った内容量であることをあらかじめ確認しようと気付かされました。

 

5:ネットワークビジネスで売れない在庫の山ができた…

プライベートで全てがうまく行っていないような時に友人にあるネットワークビジネスをすすめられました。

化粧品などを販売するニュースキンと言うアメリカの会社です。

「とりあえず、1回話を聞かに行こう」と誘われて築30年以上経っている決して綺麗ではないマンションの1室に連れて行かれました。

特別、店舗用に改装されているわけでもない普通の部屋のリビングにホワイトボードと椅子が並んでいるだけの空間に、私のように説明会に連れてこられた人が4人くらいいました。

「ちゃんとした会社なのだ」「権利収入だ」など話を聞かされ、当日はやる気もありませんでしたが、その後に東京まで連れて行かれてお偉いさんの講習会に参加しました。

その講習会で見た光景が衝撃的で私も始めることを決意。

実際始めると毎月大量に買わせてスピード出世を狙わせられました。

私が買えば当然友人もその上の人もいます利益が発生します。

「やられた」と思いました。3ヶ月連続で20万円ずつ買わされ在庫の山。

メーカーはしっかりしているので90%で返品可能でしたので返品期限ギリギリで返品して辞めましたが、本当は必要に応じて注文していけるのでそのように教えてもらえれば続けていたのかもしれません。

 

これらの失敗談から学べること

副業には大きく分けて3つの失敗のパターンがあります。

1:そもそも得られるものが少ない副業をやっている

2:副業の内容をしっかり確認せずにやっている

3:やっている副業が自分の能力を超えている

 

1:そもそも得られるものが少ない副業をやっている

副業にはさまざまな種類がありますが、その中でも「得られるものが少ない副業」がたくさんあります。

 

副業で得られるものは主に2つです

①お金

②スキル(経験、ノウハウ)

スキルが手に入らなくてもお金が手に入るならそれでOKです。

お金があまり手に入らなくてもスキルが手に入るならそれでもいいでしょう。

 

ただ、両方手に入らないような副業には注意が必要です。

それはやっている意味がないからです。

 

FX:お金がマイナスになる可能性が極めて高く、蓄積されるスキルがあまりない

工場アルバイト:ものによっては稼げるが、蓄積されるスキルはほとんどない

ネットワークビジネス:お金がマイナスになる可能性があるが、何かしらのスキルが身に付く可能性はある

FXも工場のアルバイトもネットワークビジネスも否定はしませんが、得られるものが少ない傾向にあるのでおすすめはできません。

特にFXとネットワークビジネスに関しては、最終的にお金がマイナスになる可能性が高いので初心者が簡単に参集していいような分野ではないでしょう。

 

2:副業の内容をしっかり確認せずにやっている

副業の内容をしっかり確認しないではじめるというのは最も危険な行為です。

 

上記の体験談にもあったようなFXやネットワークビジネスは、

「初心者でも簡単」

「誰でも稼げる」

などという謳い文句を信じて始めてしまうと痛い目を合う副業です。

 

本当に稼げるのか?そこで何が得られるのか?どういった契約なのか?

それらをしっかり確認して、十分に成果が得られると判断できたら始めましょう。

最初の内は、できるだけリスクの少ない副業をおすすめします。

 

3:やっている副業が自分の能力を超えている

上記の失敗談の中でもあった話ですが、簡単に出来ると思ってやってみたけど「自分の能力が足りず」まったく成果が出ないというケースがあります。

 

副業と言ってもビジネスなので、本人の能力は非常に重要です。

とくに未経験の分野に関する副業はとくに難しいです。

 

簡単な副業も多い一方で、ある程度のスキルや知識を求められる副業もあるため、

自分の能力でやっていける副業であるかどうかということを考えることが大切です。

 

私がおすすめする副業は「スキルが蓄積していく系」の副業

副業で得られるものは主に「お金」か「スキル」という話をしました。

この中でも私が初心者におすすめする副業は「スキルが蓄積している系」の副業です。

 

スキルが蓄積していく系の副業一覧

・ブログ

・講師業(コーチ、アドバイザー)

・Web開発

・デザイン系

・動画編集

・イラスト、漫画制作

etc…

このようなスキルが蓄積していく系の副業は、やればやるだけ少しずつ単価が上がっていきます。

 

なので、最初は安い金額で仕事をしていてもいずれ、それだけでご飯が食べられるくらいに稼げるようになることができます。

また、このとき選択する副業は「自分が好きなこと」や「自分が得意なこと」を選択することがおすすめです。

 

絵を描くのが好きなら、イラスト制作

プログラミングが得意なら、Web開発

というように、好きや得意を活かすことで稼げないときも精神的な負荷が少なくすみます。

稼げるようになると仕事がどんどん楽しくなっていきます。

 

話をまとめると以下のようになります。

・副業はスキルが蓄積していくようなものを選びましょう。

・選ぶ副業は自分が「好き」または「得意」な分野に関する副業にしましょう。

・最初は稼げないけど好きなことや得意なことなら精神的な負荷が少ない

・稼げるようになると超楽しい