専門家向けの副業支援サービスとは?

プログラマー・エンジニアが副業で講師になるのがおすすめな理由とよくある質問

「本業のプログラマーを活かした副業を始めたい」

「プログラミング講師に興味がある」

「副業で講師ってどうなの?」

そんな方に向けて、プログラマーやエンジニアが副業で講師業を始めることがおすすめ出来る理由についてお話しします。

 

プログラマーやエンジニアが副業で講師になるのがおすすめな理由

プログラマーやエンジニアが講師になるのがおすすめな理由を紹介します。

・自分の計画して副業を進められる

・高い技術がなくても始めることができる

・話す力が身に付く

・スキルアップができる

・高額の副収入が得られる

 

自分の計画して副業を進められる

プログラマーが副業で講師を始める場合は2の方法があります

①ストアカなどで自分の空いている時間に講座を開催する

②Udemyなどで動画教材を販売する

主にはこの2パターンです。

 

どちらの方法でも、自分の空いている時間に予定を組んでできるので、

急に仕事が発生することはありません。

 

週末の1時間だけ、副業で講師業をする。

というような働き方も可能です。

 

逆に、プログラマーが副業で委託開発などを行う場合は、

不具合やクライアントからの仕様変更によりイレギュラーな作業が発生してしまうことがよくあるので、

本業との両立が難しい傾向にあります。

 

高い技術がなくても始めることができる

プログラミングなどに関する講座には、そこまで高い技術は求められません。

というのも、プログラミングを教わる多くの人はプログラミングどころかパソコンの基本的な操作すら分かっていないという場合がほとんどです。

なので、求められる知識や技術は基本的なものだけなので、

高度な技術や知識がなくても簡単に始めることができます。

 

話す力が身に付く

講師業をやっていると自然に話す力が向上していきます。

「どうやって伝えれば理解してもらえるのか?」

「どの情報を伝えて、どの情報を伝えないべきなのか?」

「受講生の行動を促すためにはどう伝えればいいのか?」

「講座に興味を持ってもらうためにはどう話せばいいのか?」

そんなことを考えながら講座を開催することで、

グングン話す力やプレゼン力、コミュニケーション力が向上していきます。

プログラマーにとってコミュニケーション力は必須なので本業でも活かすことができるでしょう。

 

スキルアップができる

プログラミングに関する講座を開催していると今持っている知識やスキルがより深まります。

プログラマーは日々スキルアップが求められる仕事だけに、

どうやって日々の勉強を続けるかが大きな課題になっています。

 

オンライン講座を開催するという習慣ができるだけで、日々の学習も同時にできてしまいます。

 

高額の副収入が得られる

プログラミングなどの特殊なスキルに関する講座は、その他の講座に比べて単価が高い傾向にあります。

なので、たった数時間の作業でかなりの金額が稼げるようになるでしょう。

 

プログラマーやエンジニアが講師業の2つの副業モデル

プログラマーやエンジニアがオンラインで講師業を始めるときの2つの副業モデルを紹介します。

①ストアカなどで自分の空いている時間に講座を開催する

②Udemyなどで動画教材を販売する

 

①ストアカなどで自分の空いている時間に講座を開催する

ストアカ(ストリートアカデミー)とは、、教えたい人が誰でも先生として講座を開くことができる日本最大級の講座開催のプラットフォームです。

ストアカを利用すれば、誰でもすぐにオンライン講座を開催することができます。

 

ストアカのような講座を開催できるサービスはいくつか存在します。

 

そのようさサービスを利用して、週末などの空き時間に講座を開催する方法です。

 

②Udemyなどで動画教材を販売する

Udemyは、オンライン動画学習のプラットフォームサイトで、個人が簡単に動画教材を販売できるサービスです。

 

空いた時間に講座を開催するのではなく、自分の得意分野で動画教材を作成しUdemyを通して販売する手法です。

ストアカなどで講座を開催する場合は、どうしても決まった時間に講座を開く必要がありますが、

Udemyで動画教材を販売する場合は、好きな時間にコツコツ動画教材を作成してUdemyにアップロードしてしまえば、あとは何もしなくてもOKです。

 

より自由度が高い副業スタイルならUdemyを使うことをおすすめします。

 

講座内容は必ずしもプログラミングに関連しなくてもいい

講座内容は必ずしもプログラミングに関することである必要はありません。

 

プログラミング以外にも、あなたが持っているスキルはたくさんあるはずです。

1:プログラミング

2:ネットワークなどに関する知識

3:英語の読み書きのスキル

4:ロジカルシンキング

5:ネット活用のスキル

6:効率的な学習のスキル

7:パソコンの利用スキル

参考:プログラマーが持っているであろうスキル

プログラミングだけに拘らず、自分が本当に自信を持って伝えられる内容を講座のテーマにしましょう。

 

・子供向けのパソコン講座

・WordPressでブログを作る講座

・ロジカルシンキング講座

・現代の独学術講座

このようなプログラミングに関連しないテーマでもOKです。

重要なのは、受講生が求める知識や情報を伝えてあげることです。

 

講師業を始める際のよくある疑問

顔出ししないといけないですか?

顔出しは不要です。ただし、顔出ししている方が受講生に安心感を与えることができます。

 

プログラミングスキルが未熟ですが問題ありませんか?

受講生より詳しければOKです。また、自信がないならプログラミングの講座を開く必要もありません。

 

稼げるようになるまでにどれくらいの時間がかかりますか?

私は初めてストアカでオンライン講座を開催したときは1週間目には売上が上がりました。Udemyで動画教材を販売する場合は1ヶ月程度はかかるでしょう。

 

どのくらい儲かりますか?

下は数千円から上は何百万円の世界です。月10万程度なら誰でも到達できるでしょう。

 

オンライン講師を始めるために初期投資は必要ですか?

複数人向けのオンライン講座ならZoomの有料プランとマイクが必要です。Udemyで動画教材を販売する場合は動画編集ツールとマイクの購入が必要です。

 

副業でオンライン講師になれますか?

なれます。副業でオンライン講師をやっている人はかなり多いです。

 

話すことが苦手ですが大丈夫ですか?

事前に資料や台本を作っておき、それを読み上げる形式で講座を開催することをおすすめします。それなら話下手でも大丈夫なはずです。