専門家向けの副業支援サービスとは?

【一人で副業を成功させるが難しい理由】メンターを雇うと一気に成長できる

ターゲット:副業を始めているが、行き詰まっている人

内容:副業を独学で学ぶのが難しい理由とその解決策。解決策は「知っている人に教えてもらう」

 

一人で副業を成功させるのが難しい理由

一人で副業を成功させるのが難しい理由は主に3つあります。

・成功までの道筋が見えないので無駄な努力をしてしまう

・モチベーションが維持できない

・知識が足りない

 

成功までの道筋が見えないので無駄な努力をしてしまう

一人で副業を始めようとすると、まずネットに転がっている情報を読むところから始めると思いますが、

それらは断片的で一貫性に欠ける情報ばかりです。

一つ一つの情報には価値があっても、それらを繋ぎ合わせて知識に変えるのは非常に難しいです。

 

なのでどうしても、自分の目標に到達するために無駄な努力をしてしまいます。

 

一人で副業をやるときの課題は「自分が成功するために必要な道筋を見据えるための情報を手に入れる」ことですが、

これが一番難しい課題でもあります。

 

モチベーションが維持できない

モチベーションとは、何かをやり遂げるためのやる気や動機付けのことです。

 

どれだけ、モチベーションが高くても

無駄な努力が続き、成果が出ないと誰でもモチベーションが低下してきます。

 

モチベーションがもともと高い人は、それでもやり切れるかもしれません。

しかし、モチベーションが低い人は、すぐに副業を諦めてしまうことになるでしょう。

 

副業を始めて、すぐにぶち当たる壁はこの「モチベーションの壁」です。

ここを突破できるかどうかは、副業が成功できるかどうかに直接関係します。

 

知識が足りない

副業を始めてすぐだと知識がなさすぎて「分からないことが分からない」という状態に陥る事がよくあります。

 

知識がなさすぎるので

「なんと調べていいのか分からない」

「何の勉強をしていいのかも分からない」

そんな状態になってしまいます。

 

副業を挫折してしまう多くの人は、知識がなさすぎることが原因となっていると私は考えています。

 

体験談:副業もプログラミングも一人では成功できなかった私の話

私は今、現役でプログラマーをやりながら副業でオンライン講師をやっています。

そのどちらの仕事もたった一人でできるようになったわけではありません。

 

両方ともメンターと言われる存在にサポートしてもらいながら、出来るようになったのです。

 

プログラミングは、テックアカデミーというプログラミングスクールのメンターの方にサポートしてもらいながら、Webアプリケーションの開発に関するプログラミング技術を習得しました。

副業のオンライン講師は、ネットで見つけたメンターの方を雇ってオンライン講師や先生業の始め方をゼロから学びました。

 

どちらも無料で教わったわけではなく、そこそこの金額を支払って教わっています。

 

そこから私が感じることは、ゼロから一人で目標を達成することは自分が考えているよりずっと難しいということです。

プログラミングもオンライン講師も、もしかしたら一人ででもできたかもしれません。

でも、常に誰かのサポートが受けられて、相談できる相手がいるということが自分の支えになっていたことは間違いありません。

 

メンターが人生を変えるキーマンになる

上記の体験談でもある通り、メンターが自分の人生を変えるキーマンになることはよくあります。

 

プログラミングにしてもオンライン講師にしても、最後までやり切れず挫折してしまっては今までの自分と同じです。

しかし、メンターのサポートを受けながらでも最後までやり切ることができれば、今までの自分と大きく変わります。

 

資格や能力、知識が身に付くというだけでなく、

実績や結果も手に入ります。

 

それにより、今までの自分から一気に成長することができます。

変わるために必要なのは、自身の考え方や能力ではなくメンターの有無なのかもしれません。

 

それくらいに、メンター(師)というのは、自分の人生に大きな影響を与えるものなのです。

 

メンターを雇うことで得られる3つの恩恵

成功の方法と知識を最短距離で学べる

メンターを雇う最大のメリットは、成功の方法と知識を最短距離で学べることです。

ポイントは「最短距離」であることです。

 

通常、独学で勉強や副業を始めると、

やるべきことの取捨選択が適切にできないので無駄な勉強や作業に時間を使ってしまうことがよくあります。

 

しかし、メンターがいれば「何を学ぶべきなのか?」「何をやるべきなか?」を明確に教えてくれるので、

最短で成功までの道を突き進むことができます。

 

私もプログラミングスクールで出会ったメンターがいたことで、3ヶ月でプログラマーになれました。

プログラミングは、最新の技術がコロコロ変わるので何を学ぶべきかの判断をするのが非常に難しいという特徴があります。

なので、メンターに自分の「やるべきことの取捨選択」をしてもらうことで、短期間で必要なプログラミングスキルだけを身に付けることができました。

もし、メンターがいない状態なら3ヶ月どころか半年かけてもなれなかったでしょう。

 

相談相手が常にいる

メンターがいることで常に相談・質問相手がいる状態になります。

これは、何かをやり切るためには非常に重要なことです。

 

勉強や副業を始めているとどうしても行き詰まってしまうことがあります。

そんな時に、その状況を突破するヒントやアドバイスをくれるのがメンターです。

 

また、相談相手がいることで心理的な安心感もあります。

 

やり切れる環境ができる

最後にメンターがいることで自然に「やり切れる環境」が生まれます。

 

多くのメンターは、生徒や受講生に対して「進捗の報告」を求めます。

生徒側としては定期的に進捗を求められる環境があることで、作業の手が進みます。

 

教わっているのに、何もしないというのはあまりにも失礼なので、

自然にやり切れる環境が生まれるのです。

 

メンターを雇うときの2つのリスク

メンターの能力はバラバラなので成功率もバラバラ

当然メンターにも能力差があり、優秀な人とそうでない人がいます。

 

優秀なメンターと出会えればラッキーで、自分の成長のサポートを上手くしてくれます。

逆に、優秀ではないメンターであれば、お金だけ払って得られるものがほとんどないということになりかねません。

 

メンターが人生のキーマンになるという話をしましたが、

メンターはそれくらい人生に与える影響が大きな存在です。

 

それだけに、慎重に選ぶ必要があります。

 

メンターに依存してしまうと未来がない

メンターは自分を「導いてくれる存在」というよりかは「方向を示してくれる存在」です。

なので、メンターに依存してしまうと成長できずに結局何も手に入りません。

 

あくまでも動くのは自分自身です。

メンターは、方向を示してくれるだけの存在。

 

なので、他力本願にならずに「自分で考えて行動できる」ことが、メンターを雇う条件なのかもしれません。

 

メンターを雇っていい副業と雇ってはいけない副業

ここでは、メンターを雇ってもいい副業と雇ってはいけない副業を紹介します。

 

メンターを雇ってもいい副業はスキル特化型の副業

メンターを雇った方がいい副業は「スキル型の副業」です。

スキル型の副業とは、自分のスキルや経験を活かした行うような副業モデルで、

イラスト制作やプログラミング、ブログ運営、楽曲提供、動画作成などを指します。

 

【メンターを雇ってもいい副業はスキル特化型の副業】

・オンライン講師
・プログラミング

・イラスト制作
・デザイン

・ブログ運営
・アフィリエイト
・SNS

・写真撮影

・画像編集

・動画編集

・コンサル
・Web広告

これらの、スキルや知識が必要な副業であればメンターを雇っても問題ありません。

 

メンターを雇ってはいけない副業は単純作業型の副業

上記とは逆に、メンターを雇ってはいけない副業は「単純作業型の副業」です。

単純作業型とは、労働系の副業や内職などの単純作業をやって時給で給料をもらうような副業です。

 

【メンターを雇ってはいけない副業は単純作業型の副業】

・アルバイト

・内職

・肉体労働系の仕事

これらの仕事は、メンターを雇うことにあまりメリットがないのでおすすめできません。