専門家向けの副業支援サービスとは?

副業を始めるときの注意点。絶対に知っておきたい副業の基礎知識とよくある質問

「副業を始めるときの注意点を知りたい」

「会社で副業禁止って言われてるけどどうすればいい」

「副業ってバレるの」

そんな方に向けて、副業を始めるときの注意点とよくある質問についてお話しします。

 

副業を始める前に絶対に知っておくべき注意点

①就業規則の確認

②確定申告が必要な場合がある

③本業への影響を考える

①就業規則の確認

本業を維持した状態で副業を始める場合は、必ず自分が働いている会社の「就業規則」を確認する必要があります。

就業規則に「副業禁止」と記載されている場合は、副業を行うことができません。

もし、規則に反して副業を行った場合は減給や解雇などの処分が与えられる可能性があるので絶対に確認しておきましょう。

 

ただ、株やFXなどは趣味として事実上認められているケースもありますので、副業が全てダメということでもありません。

なので、しっかりと会社に確認を取る必要があります。

 

②確定申告が必要な場合がある

副業での収入が年間20万円を超える場合は、本業と副業の源泉徴収票を用意して税務署で確定申告を行う必要があります。

もし、確定申告をしなかった場合は、延滞税や過少申告加算税などの金銭的な罰則が与えられることになります。

 

③本業への影響を考える

副業を許可してくれているからと言って、どれだけでも副業してもいいという訳でわありません。

毎日4、5時間を超えるような副業を続けて、体力・時間的に本業に支障を与えてしまってはダメです。

本業で今まで通りの仕事をしながら、残りの時間で副業に取り組むという時間配分が重要です。

仕事のやり過ぎでメンタルや体調を壊して本業が出来なくなってしまっては、元も子もありません。

 

副業に関するよくある質問:FAQ

本業で副業禁止の場合どうすればいいの?

副業禁止の場合は基本はしない方がいいでしょう。しかし、副業禁止といっても「株」や「FX」をやっている会社員は結構います。本業に支障をきたさないのであればグレーゾーンだけど許される副業も存在しているので、そちらに挑戦してみるのも一つでしょう。

 

バレないように副業する方法はありますか?

副収入があると住民税の額が変わるので基本的にはバレます。隠すのは非常に難しいですしバレたときのリスクが高いのでおすすめしません。しっかりと会社に確認をとることをおすすめします。

 

始めやすい副業ってありますか?

ブログなどは始めやすい副業でしょう。副収入も発生しますが趣味と言い張れる副業でもあります。

 

労働時間が増えることでどんな問題がありますか?

副業により労働時間が増えると、精神的・肉体的なストレスがかかります。体力に自信がある場合には問題ありませんが、体力に自信のない方は副業はやらないほうがいいかもしれません。

 

副業をやることで失うものってありますか?

得るものはあっても失うものはほぼありません。しいて言えば「時間」です。

 

副業を辞めるよう言われた場合はどうすればいいですか?

辞めると嘘をついて副業を続けるのは、住民税により結局バレるのでNGです。言われた通り辞めるか会社と交渉するかのどちらかでしょう。